2019年 11月 19日 (火)

カピバラの「まるお」、死因は「闘争」加害者は「兄」 動物園の「癒し系」に何が...!?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   愛嬌のある顔で温泉に浸かっているさまがよく報道されるカピバラ。「かわいい」「癒し系」といったイメージを抱く人も多いだろうが、そんな印象を覆す出来事が、茨城県の日立市かみね動物園で起こっていた。

   最近亡くなったカピバラの死因が、「闘争による傷」だったのである。それも「闘争」の相手は、自身の兄だった。

  • 日立市かみね動物園に掲示された、カピバラ「まるお」の最期を伝える張り紙(写真提供:沼底なまず@C95土曜東F02b(@eenamazu)さん)
    日立市かみね動物園に掲示された、カピバラ「まるお」の最期を伝える張り紙(写真提供:沼底なまず@C95土曜東F02b(@eenamazu)さん)
  • 5月のブログに掲載された、まるお(左)とおもち(右)(写真提供:日立市かみね動物園)
    5月のブログに掲載された、まるお(左)とおもち(右)(写真提供:日立市かみね動物園)

「夜間に部屋の仕切りを突破し、激しい闘争があったようで」

   あるツイッターユーザーが2018年12月24日、かみね動物園に掲示されているカピバラ「まるお」の死を伝える張り紙を投稿。こんなことが書いてあった。

「5月のブログで少しだけ話がありましたが、兄の『おもち』との関係が悪化し闘争がありました。その後傷が回復してからお見合いなどを試みましたが、改善は見られず、分けている状態が続いていました。傷の状態も良くなり徐々に外に出していこうかと話していた矢先、夜間に部屋の仕切りを突破し、激しい闘争があったようで朝死亡しているのを発見しました」

   17年4月4日生まれのまるお。亡くなっているのが確認されたのは9月27日だったという。張り紙には「死因:闘争による傷」と明記されており、穏やかそうなカピバラのイメージとのギャップのせいか、

「カピバラって見かけによらず凶暴なんだな」
「穏やかな動物のイメージだけど(お風呂で皆で温まっている映像の印象が強い)、オスはやっぱり闘争的なんだねぇ...」
「闘争による傷が死因とか、カピパラに対して見る目が変わってくるほどの衝撃」

などと驚きをもって拡散された。投稿は25日までに、1万4000回以上リツイートされている。

   かみね動物園の飼育担当者が25日、J-CASTニュースの取材に応じた。まるおが弟でおもちが兄という関係だが、「互いに兄弟という認識はありません」といい、攻撃するようになるまでの経緯をこう話す。

「生まれた時から一緒にいれば同じ群れの一員だとは認識しますが、まるおとおもちには、それもありませんでした。小さい頃おもちはオス群れ、まるおはメス群れで育ってきたからです。まるおが性成熟してオス群れに入れると、おもちは『別の群れのオスが来た』と感じて、まるおを傷つけるようになりました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中