2019年 8月 17日 (土)

第一志望落ちて「滑り止め」に...再受験すべき? 「無駄でしかない」と語った大学教員の思いは

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「もう一度受験をするのは時間とお金の無駄でしかないから、ここで大学の勉強に集中しなさい」――。第一志望ではない大学に入った学生に向け、大学教員が執筆したブログ記事がネット上で話題になっている。

   記事は、「滑り止めの大学に入ってしまったらどうするか」というタイトルで、2019年2月14日に公開。「(受験に)失敗したとしてもそれをいつまでも引きずる必要はありません」と学生に語りかけた執筆者の思いとは。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

難易度と「授業自体の難しさやおもしろさ」関係ない

   記事は、ドイツ文学が専門の近畿大学・熊谷哲哉准教授が執筆。普段、一部の学生に話している内容を記事にまとめたという。

   熊谷さんはブログで、「はじめに認めないといけないのは、自分が受験に失敗したということ」と説く。「たしかに受験勉強は結果がスコアとしてあらわれるし、いい大学に合格することが自分の自尊心を高めることにもなるし、実際に就職活動などで差がつくことはあります」と認めつつも、「大学の難易度と、そこに勤める教員の質や、授業自体の難しさやおもしろさはとくに関係はありません」と指摘。「大学教員の多くは、教える学生のレベルに合わせて、授業の内容を易しくしたり、難しくしたりすることはとくにありません。それはどのレベルの大学だとしても、学生には等しく、質の高い教育を受ける権利があるからです」と語りかけていた。

   また、「高校までの学習が小・中学校の各教科とストレートに連結しているのに対し、大学の学問は、多くの場合もっと応用的なテーマを扱っています」と両者の違いにも触れ、入学後に「期待したのと違う」といった感情を抱くのは、大学のレベルよりむしろこちらに原因がある場合が多いとする。

   「入った大学が悪いから、授業がつまらない、勉強に意欲が持てない、ということにはならないのです」とブログで諭す熊谷さん。「なぜこの学部・学科に籍を置くことになったのかというところから掘り下げていくのがいいでしょう」とつづり、「何かしらの関心を抱くきっかけが思い出せれば、そこから勉強をスタートすることができます」としていた。

   J-CASTニュース編集部は2月18日、熊谷さん本人に電話取材をした。「1年間の授業を終えて、改めて不本意入学の学生が気になっていたので」と記事執筆の狙いを明かした。

   自身も浪人時代を経験したという熊谷さん。ブログによれば、現役時、浪人時ともに受験に失敗した。取材に対し、熊谷さんは「旧帝大へのこだわりや意地とかで私立大に全然行く気がなく、浪人することを選んでしまった」と語った。結局、私大に進学することになり、「一年間もっと早く、大学の勉強をやっていろんなことできたのにと」と振り返る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中