2019年 9月 18日 (水)

中国への避難「考えもしませんでした」 石巻に根付き中華料理店を開いた夫妻【震災8年 海外とつながる3】

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   宮城県石巻市の中心部に建つ中華料理店「雲雀」(ひばり)は、中国遼寧省・大連出身の夫婦が営む。ギョーザや広東風焼きそばをはじめ、地元客に好評のメニューが並ぶ。

   1998年から石巻に住む韓輝さん(52)・培霞さん(44)夫妻は2011年3月11日、東日本大震災に遭遇する。多くの外国人が日本を離れ母国に戻ったが、2人の頭に「中国に避難しよう」との考えはまるで浮かばなかった。

  • 二人三脚で店を切り盛りする韓輝さん(左)・培霞さん夫妻
    二人三脚で店を切り盛りする韓輝さん(左)・培霞さん夫妻

空腹の被災者に無料でふるまった「油淋鶏」

「あら、いらっしゃい」

   午後の休憩時間中、ひとりの常連客が店内に入ってきた。「2000円分、持ち帰りたいんだけど」と話すと、夫の輝さんはサッと厨房に向かった。妻の培霞さんは夫に「じゃあ、ギョーザ2人前に...」と客に代わって素早く注文を出した。

   韓さん夫妻は大連で知り合い、1997年に結婚。それ以前、日本のホテルで料理人として勤務経験があった輝さんは、石巻の飲食店運営会社に招かれて翌98年、妊娠中だった培霞さんを残して単身再来日する。その後培霞さんも無事出産し、「家族で一緒に暮らしたい」と初めて日本の地を踏んだ。「最初は言葉が分からず、大変でした」と言うが、持ち前の明るさと行動力で、日本の大学で学び、卒業後は携帯電話ショップに勤めた。輝さんもコックとして、順調にキャリアを積んでいった。

   東日本大震災が起きた日、業務中だった培霞さんは娘を小学校に迎えに行き、帰宅。輝さんも職場から自宅に戻った。家族は全員無事、住まいは高台にあり津波は免れたが、大勢の人がぞろぞろと避難してくるのを見て「いったい何が起きているのか」と、あ然とした。

   石巻の被害は甚大だった。街中あちこちが浸水し、沿岸部は壊滅状態となった。これからの仕事は、暮らしは、どうなるのか――。培霞さんは不安に襲われた。それでも夫妻は、困った人たちの支援に回る。輝さんは職場に行き、厨房の冷蔵庫の中にあった使える食材を確認すると、無事だったプロパンガスを用いて「油淋鶏」などを調理し、空腹の被災者に無料でふるまった。培霞さんは、自宅にあった薬を近所の人に提供するなど、可能な限り手助けした。

   震災では原発事故の影響で、在日外国人に対して母国が帰国を促すケースがあった。韓さん夫妻は、中国に戻ろうと思わなかったのか。

「全然。大連に帰ろうなんて、考えもしませんでした」

   2人は口をそろえた。理屈ではない。ただ、石巻に残ることが自然だった。母国にいる親も、その考えを後押しした。

「電話で『今帰ってきてはダメだ』と言われたのです。『大変な状況にある石巻の人たちを見捨ててはいけない』と」

独立を決意...開店で「少しでも街に賑わい取り戻せたら」

   震災直後に感じた「この先の不安」は、ライフラインが徐々に復旧するに連れて薄れていった。夫婦ともども、仕事も本格的に再開すると日々多忙となった。

「外から見れば私たちは中国人だと思われるでしょう。でも自分たちは『石巻が地元』の意識なんですよ」

と培霞さん。地震と津波で変わり果てた石巻を目にした悲しみを、この地で生まれ育った人たちと同じように抱いた。だからこそ、地元のために貢献しようとの思いを改めて強くした。

   それが形となったのが、中華料理店「雲雀」のオープンだ。夫婦とも勤務先を辞め、独立を決意したのだ。店の場所は、培霞さんが以前アルバイトをしていた飲食街に定めた。震災時に一帯が浸水し、多くの店が撤退したエリアだ。あえてそこを選んだのは、開店により少しでも賑わいを取り戻すことができたらとの願いからだったという。2012年6月のオープン当初は、夜によると辺りは真っ暗で、

「お化けが出るんじゃないか、というぐらい怖かったですよ」

と輝さんは笑う。

   初めは地域の復旧工事に来ていた人が多く店を訪れた。年数の経過とともに客層も変わり、最近では地元の人や、仙台から訪れる人もいる。インターネットのグルメサイトの口コミ情報を頼りに、「ギョーザが食べたくて来ました」という声も聞くようになった。なじみの客も多く、広東風焼きそばやチャーシュー丼といった人気メニューが増えてきた。

   開店からおよそ7年。少しずつだが、地域には飲食店が新たに建ち、活気も生まれてきた。「店同士が助け合い、励ましあう。そんな石巻の人の気質がとても魅力的です」と2人はほほ笑む。これこそ、韓さん夫妻が震災直後に迷いなく石巻に残った大きな理由だったかもしれない。

「これからも石巻に根付いて、店を続けていきますよ。夫のおいしい料理を、多くの人に召し上がっていただきたいですからね」(培霞さん)

(J-CASTニュース編集部 荻 仁)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中