2019年 12月 12日 (木)

宮崎で震度5弱、ネットは「南海トラフ」を心配 専門家に関連性を聞いてみると...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   宮崎市などで震度5弱を記録した地震は、南海トラフ巨大地震の想定震源域で発生したため、「前震なのか」とネット上で不安の声も漏れている。

   気象庁は、直ちに南海トラフにつながらないと会見で説明したが、最近の状況はどうなっているのだろうか。

  • 今回起きた日向灘の地震(気象庁のサイトから)
    今回起きた日向灘の地震(気象庁のサイトから)

気象庁「直ちに南海トラフにつながらない」

   「授業中に地震おきてびっくり」「けっこう長く揺れた...しかもかなりの横揺れ」「ものすごく怖くて手も足も震えた」...

   2019年5月10日8時48分ごろ、宮崎県沖の日向灘(ひゅうがなだ)でマグニチュード(M)6.3の大きな地震が発生すると、ツイッター上などではこんな悲鳴が相次いだ。

   日向灘と言えば、陸のプレートの下に海のプレートが沈み込む南海トラフの震源域とされているところだ。

   それだけに、「前震なのかもしれない」「明日明後日南海トラフあるんかな」「これが引き金になったら嫌だ」などと不安を訴える声も相次いでいる。

   気象庁は10日、緊急会見を開き、今後1週間ほどは同程度の地震が起こる恐れがあるとし、特に2、3日ほどは要注意だと呼びかけた。

   今回の地震は、陸と海のプレート境界で起きたとしたが、南海トラフとの関連を聞かれ、直ちにつながるものではないと否定的な見方を示した。

   南海トラフを巡っては、プレート同士が強くくっつく固着域で、プレートがゆっくりずれ動く「スロースリップ」の現象が起きているとされる。

   東日本大震災の2か月前などいくつかの大地震でこの現象があったことが分かっており、会見で質問が出ると、気象庁は、固着域のある四国西部は今回の震源から北にだいぶ離れているとして、スロースリップの影響などはないと述べた。

   大震災で前震があったように、もっと大きな地震の前震かどうかについては、その可能性は否定できないものの、M6以上の地震に対して過去に調査した結果から、「特段そのような領域には位置していない」としている。

専門家も同様な見方示すも、スロースリップの現象指摘

   スロースリップの現象に詳しい東北大学の高木涼太助教に5月10日、J-CASTニュースが聞いたところによると、固着域ではない日向灘でも、スロースリップが2年に1回ほどのペースで起きている。そして、スロースリップの発生場所が固着域に向かって移動するのを繰り返していたといい、この移動現象がプレートのひずみを生んで巨大地震につながる可能性があるという。

   今回の地震について、日向灘でのスロースリップに伴って起こったり、地震で逆にスロースリップが始まる横滑りが起きたりしている可能性があるとした。今回の震源の少し北では、3月27日にM5.4の地震が2回発生しており、ここもスロースリップが起きていた付近だった。

   高木助教は、日向灘の北にある豊後(ぶんご)水道でも、6、7年に1回ほどのペースでスロースリップが起こっているともしている。日向灘も豊後水道もともに、スロースリップが活発な地域であるそうだ。

   南海トラフ巨大地震は、今後30年間に70~80%の確率で起きるとされているが、高木助教は、今回の地震との関連について、「この確率には影響しないのではないかと思います」と取材に答えた。つまり、直ちにはつながらないということだ。

   日向灘では、1996年10月19日にM6.6の地震が発生し、その後、同年12月3日にM6.7の地震が起きている。高木助教は、今回の地震がもっと大きな地震の前震であるかどうかは分からないとしながらも、「1996年のときに似ているとすれば、同程度の地震が2か月ぐらいの間隔でも起きる可能性はあると思います」と注意を呼びかけている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中