2019年 9月 17日 (火)

スーパーへの「Pay」導入まだ道半ば 手間がかかる、時間もかかる...課題乗り越えられるか

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   スーパーマーケットへのQRコード決済導入が進んでいる。2019年8月から9月にかけて、大手がPayPayを中心に相次いで導入。インターネット上には、「使ってみた」との報告が多数あがっている。

   J-CASTニュースでは19年5月、「スーパーでQRコード決済、便利?不便? 試してみると...課題が見えてきた」と題した記事で、スーパーにおける普及の現状と、今後解決すべき点について伝えた。それから4か月、利便性は向上したのだろうか。

  • まだまだ課題は山積
    まだまだ課題は山積

西友もイトーヨーカドーも「客が読む方式」

   先の記事を執筆した4月下旬では、QRコード決済が使えるスーパーは、関東の一部にある「イオン」と「食生活 ロピア」といった程度に限られていたが、その後OKストアなどが続き、8月から9月にかけて、西友・サニー、イトーヨーカドー・ヨークマート、ライフといった各社が相次いで導入した。

   この背景にはPayPayの拡大攻勢がある。PayPayは5月から、「ワクワクペイペイ」と題した、月替わりのキャンペーンを行っている。これは業種ごとに還元率をアップさせるもので、6月にはドラッグストア、8月はコンビニ、9月はスーパーマーケットが対象だ。その業種が変わるたびに、それぞれの大手が相次いで加盟するのが常で、スーパーへの導入ラッシュも、これが要因と思われる。

   今回導入したスーパーの多くは、客のスマホカメラで、レジに据え置かれたQRコードを読み取る「ユーザースキャン方式」(MPM=店舗提示型とも呼ばれる)を採用している。筆者は9月上旬、その中のひとつである西友を訪れた。PayPayで支払う旨を伝えると、紙に刷られたQRコードを指さされる。それをアプリで読み取り、客みずから金額を入力し、店員に見せながら支払いを完了させる。

   一連の流れは、飲食店などでも経験あるが、スーパーとはレジ回転の速さが違う。クレジットカードであれば数秒で決済が完了するが、やはりコード決済だと手間も時間もかかる。後ろに客が並んでいたため、ちょっとした申し訳なさを覚えた。現状では有人レジのみ対応のようだが、セルフレジにも導入されれば、この心理的負担は軽くなるだろう。イトーヨーカドーも、西友と同じくユーザースキャン方式。スーパー大手2社が採用したことで、今後の同業他社も追随する可能性がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中