2019年 12月 14日 (土)

ネリはイメージ回復できるのか? リング内外で求められる「クリーンファイト」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ボクシングのWBC世界バンタム級王座挑戦者決定戦が2019年11月23日、米ラスベガスで行われる。WBC同級1位ルイス・ネリ(24)=メキシコ=と元IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(27)=プエルトリコ=が拳を交える。

   同決定戦はヘビー級タイトル戦の前座として行われ、世界的に注目されるなか、米専門メディアがネリの体重超過の不安を指摘するなど試合前計量にも注目が集まっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

色濃く残る「問題児」のイメージ

   連勝街道を突き進む世界1位と世界王座奪回を目指す元王者の一戦は、日本のボクシングファンのみならず世界のボクシング関係者から熱視線が送られる。試合は米国内でペイパービュー(PPV)方式で中継され、海外の専門メディアでは特集記事が組まれるほどの注目度だ。どのような展開になるのかなど勝敗を予想する記事があるなかで、体重超過の「前科」を持つネリが、ウェートを作ることができるかどうかに目を向けるメディアもある。

   体重超過の失態を犯した2018年3月の山中慎介戦以降もバンタム級のリングに上がり続けてきたネリ。今回は王者への挑戦者決定戦となるだけに、より慎重に調整しているとみられ、山中戦のように体重管理を怠ることはないだろう。その一方で日本のボクシング関係者、ボクシングファンの間では、いまだネリのドーピング疑惑を問題視する声が途絶えず、山中戦のイメージが色濃く残っている。

   ネリのドーピング疑惑が持ち上がったのは、2017年8月のこと。WBCによると、山中戦に先立って行われたドーピング検査で、ネリの検体から禁止薬物のジルパテロールに対する陽性反応が出たという。だが、メキシコでは家畜を太らせるためにジルパテロールを使用することがあり、ネリがその肉を食べた可能性があるとし、故意に摂取した確証が得られなかったことからWBCはネリに対する処分を見送った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中