2020年 2月 19日 (水)

みさき公園消滅で宙に浮く「旧車両」 保存の難しさ、東西で相次ぎ浮き彫りに

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大阪・泉南と東京・渋谷という東西の離れた土地で、引退した大手私鉄の名物車両の行く末が揺れている。

   保存していた施設の閉鎖や再開発により、これまでの場所を離れることが決まっているためだ。

  • 「みさき公園」で先頭車の一部が保存されていた南海7000系
    「みさき公園」で先頭車の一部が保存されていた南海7000系
  • 渋谷駅前の東急旧5000系
    渋谷駅前の東急旧5000系

「みさき公園」の閉園と共に宙に浮く

   大阪府泉南郡岬町にある遊園地「みさき公園」は南海電鉄が運営する遊園地だが、2020年3月31日での閉園決定が2月13日に報じられた。園内には「わくわく電車らんど」があり、南海電鉄で走っていた7000系電車と10000系電車の先頭部分、特急「ラピート」50000系の模型シミュレーターが保存されていた。7000系は南海本線の主力として活躍した車両で、グリーンとグレーの旧塗装と、グレーの地にブルーとオレンジのラインが入った現行塗装の2両を保存展示していた。

   しかし同園の閉園に伴いこのわくわく電車らんども閉鎖される。閉園が正式に決まると、南海電鉄のファンを中心に車両の行く末を心配する声が出始めた。南海電鉄はこのみさき公園以外に、車両の保存施設を持っていない。

   園内で飼育していた動物は和歌山県白浜市のアドベンチャーワールドが引き取ると、アドベンチャーワールドのツイッターアカウントがツイートしていたが、鉄道車両の今後については不明だった。2月14日にJ-CASTニュースは南海電鉄に車両の行方に関して取材したが、全くの未定という回答だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中