2020年 6月 7日 (日)

外出自粛でもスクランブル交差点へ行ける! デジタル空間に"渋谷の街"!?「バーチャル渋谷」誕生

印刷

   KDDI(東京都千代田区)など50の企業が参画する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、5G(第5世代移動通信システム)や最先端のテクノロジーを駆使した配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」を2020年5月19日にオープンする。

   新型コロナウイルス感染症の影響が拡大する中、デジタル空間に作られた渋谷の街でアーティストのライブやアート展示、トークイベントなどを楽しめる。

デジタル空間上に、渋谷の街「バーチャル渋谷」が誕生
デジタル空間上に、渋谷の街「バーチャル渋谷」が誕生

渋谷区長「無限の可能性を秘めている」

   バーチャル渋谷は「スクランブル交差点」やファッションビル「109」に代表される渋谷の街をバーチャル上で再現した渋谷区公認のプラットフォーム。主に「オンラインイベント」と「XR(拡張現実、仮想現実など『新しい現実空間』の総称)コンテンツ」の2つを楽しめる。

   イベント開催時には、自宅のスマートフォンやPC、VR(仮想現実)デバイスを通じて参加。自身のアバター(分身)を使って渋谷の街を動き回りながら、多くの観客と同じ空間を共有できる。イベント会場は、現実の渋谷に「バーチャルならでは」の演出や装飾を加えた特別な空間となる。イベントの様子は動画配信サービスなどでも配信し、渋谷の新たなイベント会場・発信スタジオとして展開する。

   また、渋谷の街ではこれまでXRを用いたアートイベントが開かれてきたが、「バーチャル渋谷」では実際の渋谷と連動したXRコンテンツも楽しめる。

   19日のオープニングイベント「#渋谷攻殻NIGHT by au5G」では、人気アニメ「攻殻機動隊」のファンであるロックバンド「SEKAI NO OWARI」のDJ LOVEさん、ライブストリーミングスタジオ 「S/U/P/E/R DOMMUNE」代表であり、自身もクリエイターの宇川直宏さん 、タレントの若槻千夏さん、VTuberのアンジュ・カトリーナさんがアバターで出演。攻殻機動隊シリーズの魅力を、最新作「攻殻機動隊 SAC_2045」の世界と融合したバーチャル渋谷のスクランブル交差点で語り合う。新たな渋谷の幕開けとなるこのオープニングイベントは19時からスタート。参加費は無料で、SNS「cluster」(クラスター)のアカウント作成とアプリのインストールが必要となる。

   渋谷区の長谷部健区長はバーチャル渋谷について、

「緊急事態宣言が発令され、多くの皆様の生活にも不自由をきたしています。そういった状況下であるからこそ、渋谷らしい解決策や動きが必要だと感じています。第2の渋谷である『バーチャル渋谷』は、無限の可能性を秘めていると考えています」

と期待のコメントを寄せている。



姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック