2020年 8月 11日 (火)

巨人、池田に続き同期・高田も楽天へトレード 2016年ドラフト組の他の選手は今?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球の巨人と楽天は2020年7月14日、巨人・高田萌生投手(22)と楽天・高梨雄平投手(28)のトレードが合意に至ったことを発表した。

   左のリリーフ投手を望んだ巨人と、将来性ある投手の獲得を目指した両球団の思惑が一致したもので、高梨には即戦力としての期待がかかる。また、両球団のトレードは6月25日に発表されたゼウス・ウィーラー内野手(現巨人)と池田駿投手(現楽天)に続いて今シーズン2例目となった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

ドラ1吉川は今季レギュラー定着目指す

   プロ4年目の高田が、池田に続いてトレードで楽天に移籍した。高田と池田は2016年のドラフトで巨人から指名を受け入団した同期。池田は専修大から社会人のヤマハを経てドラフト4位で指名され、高田は岡山の創志学園からドラフト5位で入団した。くしくも同期入団の2人が3週間の間にそれぞれトレードで同じ球団に移籍することになったが、16年の巨人ドラフト入団選手は現在、どの球団でどのようなプレーをしているのだろうか。

   2016年の巨人のドラフトを振り返ってみると、7人(育成は除く)の選手を獲得している。指名順では、1位・吉川尚輝内野手(中京学院大)、2位・畠世周投手(近大)、3位・谷岡竜平投手(東芝)、4位・池田(ヤマハ)、5位・高田(創志学園)、6位・大江竜聖投手(二松学舎大付)となり、7位に台湾人のリャオ・レンレイ投手(開南大・台湾)を指名している。1位の吉川を除く6人が投手だった。

   ドラフト1位の吉川は、プロ2年目の2018年に「2番・セカンド」で開幕スタメンを勝ち取った。交流戦に入ってから一度は調子を落とすも、スタメンに復帰すると好調を維持。だが、8月1日のDeNA戦で1塁にヘッドスライディングした際に左手を骨折し長期離脱を余儀なくされた。19年は「1番・セカンド」で開幕スタメン出場するも、持病の腰痛が悪化しわずか11試合で戦線離脱。今シーズンはセカンドのレギュラー定着を目指す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中