2020年 12月 3日 (木)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
「黒人差別」分断の中、14万人にシェアされたFB投稿

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2020年5月25日、黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に首を押さえつけられ死亡した事件から、ちょうど2か月が経つ。今回は、この2か月間で私が大きく心を動かされたことについて、書こうと思う。

   6月中旬のある朝、何気なくフェイスブック(FB)をチェックしていると、投稿やシェアをほとんどしない友人のロバート(60代、米南部フロリダ州在住)が、黒人差別に対する抗議デモの投稿をシェアしていることに気づいた。

  • 全米で反響を呼んだコルビ・ワーゼッカさんのフェイスブックの投稿画面
    全米で反響を呼んだコルビ・ワーゼッカさんのフェイスブックの投稿画面
  • 「我々はともに立ち上がる」という紙を掲げて白人警官と写真に収まる黒人デモ参加者(Colby Warzechaさん撮影・提供)
    「我々はともに立ち上がる」という紙を掲げて白人警官と写真に収まる黒人デモ参加者(Colby Warzechaさん撮影・提供)
  • 全米で反響を呼んだコルビ・ワーゼッカさんのフェイスブックの投稿画面
  • 「我々はともに立ち上がる」という紙を掲げて白人警官と写真に収まる黒人デモ参加者(Colby Warzechaさん撮影・提供)

ノースダコタの男子大学生の文章と写真

   ロバートは、友人たちがフェイスブックで政治的な投稿をするのが嫌だと、これまで私に何度も語っていた。彼は、同意できない点や批判も時にはあるものの、おおむねトランプ大統領を支持している。

   ロバートは最近までニューヨーク市に住んでいたこともあり、彼の友人のなかにはトランプ氏に批判的な人も多い。2016年の大統領選挙で、ニューヨーク市民の79%の票を民主党のヒラリー・クリントン氏が獲得した。

   私のアメリカ人の知り合いや取材相手からも、トランプ大統領を支持していることがわかったために、フェイスブックの「友だち」から削除されたという話をよく耳にする。

   そんなロバートが、5月30日に中西部ノースダコタ州ファーゴで行われた抗議デモの投稿をシェアしていたのだ。地元に住む男子大学生が書いたもので、ロバートの知り合いではなさそうだ。投稿は、次のような内容だった。

「ファーゴのフロイド・マーチに行った。ワオ! 予想もしていなかったものを見た。ものすごい数の人で、何千人もいたと思う。この辺りでは大きなマーチだ。街の中心を警察署まで行進した。暴動鎮圧の装備に身を固めている警察隊を、初めて見た。暴力的な展開になるのかと想像すると恐ろしかった。
 ところがもっと興味深いことが起きた。住民と警官たちがあちこちでおしゃべりを始めたのだ。持ち場に付いている警官も上官たちも隣の市の市長も。ジョークを言い、笑い、お互いを紹介し合っている。あそこでは誰もがただ、人にすぎなかった。参加者らは自分たちの話をし、警官らは警察の事情を話している。お互いの声に耳を傾け合い、理解し合っている。一緒に写真を撮り、友だちになっていた。
 行き着くところ、僕らは結局、そんなに違わないんだ。デモに参加し、声を上げてくれた人たち、ありがとう。彼らの声に耳を傾けてくれた警官たち、ありがとう。これが民主主義というものだろう」

   投稿には、公園に集まる大勢の人たちやずらりと一列に並ぶ武装警察隊の写真、さらに警官らと話し、握手し、プラカードを手に白人警官と話す黒人ら市民の写真があった。警官も市民も笑顔で、リラックスしているように見える。

   「我々はともに立ち上がる。立ち止まりはしない。#ジョージへの正義(Together We Rise. We Will NOT Rest. #JusticeForGeorge)」と書かれた大きな紙を広げ、ともに笑顔で白人警官と写真に収まる黒人の姿もあった。

   この投稿を14万人がシェアし、5万2千人が「いいね」などの支持を示していた。共和党支持者も、民主党支持者もいた。党派を越えて共鳴していることに、私は何とも言えない感動を覚えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中