2020年 10月 29日 (木)

本田翼が「あざとい」のに支持される理由 ファンたちは、どこに魅かれているのか?

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   2020年10月12日に発売されたファッション誌「ar」11月号において、女優の本田翼さん(28)の巻頭特集がファンの間で話題だ。

   同号では8ページにわたって本田さんを特集すると同時に、表紙においても本田さんを起用。このため、本田さんのファンの間では「ばっさーの笑顔が最高」といった声が上がっているが、併せて、「ばさちゃんあざといずるい(褒めてます) ずっきゅーん 撃ち抜かれるわ」といった声も上がっているのだ。

  • 本田翼さん(2017年撮影)
    本田翼さん(2017年撮影)
  • 本田翼さん(2017年撮影)

「あざとい」を辞書で引くと...

   「あざとい」とは、「広辞苑 第七版」(岩波書店)によると、その第2義として、「押しが強くて、やり方が露骨で抜け目がない」との意味で紹介されている(第1義は「思慮が浅い。小利口である」)。加え、「ずるい」とは、これまたマイナスの言葉であり、これだけ見ると、「ばさちゃんあざといずるい」という声は、まるで、本田さんが、その芸能活動で自らのキャラを作り込みすぎていると非難する言葉のように見える。しかし、その後には「(褒めてます)」との言葉が添えられており、やはり、これは本田さんを高く評価している声なのである。

   実は、本田さんをめぐっては、以前から「あざとい」との指摘がネット上にチラホラ。しかし、そのほとんどは「あざといな可愛いな今日も世界は平和だ」といった、プラスの意味で使うものばかりなのだ。これは一体......。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中