2021年 1月 21日 (木)

BoA聴取報道に「韓流の先駆けが...」と驚きの声 日本から許可なく向精神薬持ち込みか

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   歌手のBoAさん(34)についての報道が世間を騒がせている。2020年12月17日深夜から翌18日朝にかけて、各メディアがBoAさんについて、日本で処方された向精神薬を韓国に許可なく違法に持ち込もうとした疑いで韓国の検察から事情を聴取されたと報道しているからだ。

   人気芸能人をめぐる「聴取報道」とあって、ネット上では「ニュース見ててびっくり!! BoAが取り調べ?」といった驚きのツイートが続々。なお、報道が続くにつれ、BoAさんに故意性はなかったとする論調の報道も出始めており、今後の情勢は流動的だが、上記の声と併せて、「韓流の走り(先駆け)だったと思う」との指摘を織り交ぜつつ、今回の件に驚く声も上がっているのだ。

  • BoAさんのツイッターから
    BoAさんのツイッターから
  • BoAさんのツイッターから

2002年に1stアルバム「LISTEN TO MY HEART」をリリース

   BoAさんは2000年8月に韓国でデビューを果たしたのち、01年5月には日本デビュー。02年1月に4thシングルCD「LISTEN TO MY HEART」を発売したほか、同年3月には1stアルバム「LISTEN TO MY HEART」をリリースし、オリコンアルバム週間ランキング1位を獲得したことにより日本での知名度が飛躍的に向上した。その後も日韓両国で芸能活動を続けているのは周知の事実だが、現在も活躍を続けるBoAさんに「聴取報道」が降りかかったということで、大きな注目を集めてしまったようだ。

   なお、前述の「韓流の走り(先駆け)だったと思う」とのネット上の反応での指摘の通り、2001年時点で日本国内においてはまだ「韓流」という名称は浸透しておらず、(大きな広がりを見せたのは、韓国ドラマ「冬のソナタ」が地上波初となるNHK総合で放送された2004年とされる)、まさに、BoAさんは日本における「韓流の先駆け」と言える存在だ。この点も、報道に対する驚きの声が大きくなってしまった要因と言えるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中