2021年 2月 25日 (木)

アルコール消毒に「弱い」宝石って? コロナ禍でジュエリーを楽しむコツ、専門家に聞いた

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、手洗いやアルコール消毒が徹底されるようになった。インターネット上では、コロナ禍のジュエリー管理に注目が集まっている。「大切な指輪はしばらく我慢」、「アクセサリーを付けなくなった」といった声もある。

   J-CASTニュースはジュエリーコーディネーター1級の資格を持つ宝石鑑定士・鈴木雄太さん(@yutasuzuki0930)と、日本宝石特許鑑定協会の工藤直一さんに、消毒用アルコールとジュエリーの関係や、手入れ時の注意点などを取材した。

  • アルコール消毒に「弱い」宝石って?
    アルコール消毒に「弱い」宝石って?
  • アルコール消毒に「弱い」宝石って?

アルコールに強いジュエリーは?

   アルコール消毒を避けた方が良いジュエリーはどういったものだろうか。宝石鑑定士の鈴木さんはこう話す。

「有機質と呼ばれる宝石はアルコールなどに弱いです。真珠、サンゴ、琥珀、ベッコウ
多孔質の宝石も酸などの影響を受けやすいため注意が必要です。
トルコ石、マラカイト、ラピスラズリ、オパール、アゲートなど含浸処理やワックス処理、着色がされている宝石も念のため避けたほうが無難です」

   上記の宝石は、アルコール消毒する際に外したほうが良いという。

   では、こまめな手洗いや除菌にも耐性があるジュエリーや、コロナ禍でも用いやすいアクセサリーはあるのだろうか。鈴木さんに聞くと、ダイヤモンドやルビー、サファイアなどをあげた。

   ただ、基本的にはジュエリーを外しての消毒を推奨しており、消毒後もアルコールを残留させない方がいいという。

「アルコールが残ったままになると痛む可能性がありますので流水で洗い流し、柔らかい布でしっかりと水分を拭き取ってください。
有機質は水分が残っていることで痛むこともありますので水洗いは日常的なケアではなく応急処置にはなります」

   また、アルコールに強いとされる宝石であっても、「何かしらの処理がされていることも稀にある」として、コロナ禍のジュエリー選びについて「石なしのデザインを楽しまれるもの良いかと思います」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中