2021年 10月 21日 (木)

「札幌市や広島市は眼中にない」? 仙台市が福岡市を「ライバル認定」した理由

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   仙台市の郡和子市長が市議会の答弁で、福岡市に対して突然の「ライバル都市」宣言だ。

   東京、大阪、名古屋の3大都市圏に次ぐ規模の都市を表す言葉として知られてきたのが、札幌・仙台・広島・福岡の「札仙広福」(さっせんひろふく)という言葉だが、議員の「札幌市や広島市は眼中にはありません!」という「煽り」に、市長も意気込みを見せた形だ。仙台市が念頭に置いているのが、福岡市の中心部で行われている大規模再開発プロジェクト。福岡市を追う形で、仙台市も「都心一帯の活力創出に注力を始めている」状況だ。

  • 福岡市中心部の天神ではビル30棟を建て替えて店舗やオフィスの面積を増やす「天神ビッグバン」構想が進行している(2020年11月撮影)
    福岡市中心部の天神ではビル30棟を建て替えて店舗やオフィスの面積を増やす「天神ビッグバン」構想が進行している(2020年11月撮影)
  • 天神のランドマークのひとつだった福岡ビル(福ビル)も建て替えのため「天神ビッグバン」で姿を消した(2020年11月撮影)
    天神のランドマークのひとつだった福岡ビル(福ビル)も建て替えのため「天神ビッグバン」で姿を消した(2020年11月撮影)
  • 福岡市中心部の天神ではビル30棟を建て替えて店舗やオフィスの面積を増やす「天神ビッグバン」構想が進行している(2020年11月撮影)
  • 天神のランドマークのひとつだった福岡ビル(福ビル)も建て替えのため「天神ビッグバン」で姿を消した(2020年11月撮影)

地方へのオフィス移転・増設に関心ある企業に候補地聞いたら...

   「札仙広福」は1970年代後半頃から登場した言葉で、今でも基準地価のニュースで登場することがある。人口は札幌市(197万人)、福岡市(160万人)、広島市(120万人)、仙台市(109万人)の順に多い。

   福岡市の話題は、2021年2月19日に行われた市議会2月定例会の一般質問で出た。質問した自民党の佐藤正昭議員は「今まで(仙台市は)世界一を目指すと激励してきたし、そうなってほしいとの考えは変わらないが、現実的に目標、ライバルが必要だと私は考える」と問題提起。続いて佐藤氏は、仙台市が20年11~12月に首都圏企業向けに行った意識調査の結果を紹介した。調査では、新型コロナの流行後に地方へのオフィス移転・増設に関心があると回答した企業は全体の27.7%にのぼった。移転候補地を7つの選択肢(仙台市、札幌市、新潟市、広島市、北九州市、福岡市、熊本市)から複数回答で聞いたところ、福岡市が57.2%で最も多く、仙台市は49.8%で2番目だった。

   佐藤氏はこの結果を受ける形で、

「私は、今や、札幌市や広島市は眼中にはありません!議員の皆様もいかがですか?福岡市だけが、唯一、本市のライバルたりえると考えます!」

などと主張。議場から笑い声が起こる中、市長の認識をただした。

「この際、市として福岡市を姉妹友好都市ではなく、ライバル都市に認定してはいかがでしょうか?」

   郡市長は答弁で、福岡市を「アジアの玄関口として経済発展を続けている非常に勢いのある街」だとした上で、「ライバル都市」の提案にも至って前向きな姿勢を示した。

「私はいわばライバル都市として、その動きを注視していくとともに、多くの自治体が創意工夫による街づくりを進めている中で、これら国内の諸都市とも、その中でも競争に打ち勝っていくという強い覚悟を持っていく」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中