2021年 10月 18日 (月)

「トリチウム」ゆるキャラが物議 企画の復興庁は「多くの方にまずは関心を...」と意義強調

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   復興庁が公開した、放射性物質トリチウムを模したキャラクターをめぐり、SNS上で物議をかもしている。

   東京電力福島第1原発から海洋放出されるトリチウムを含む「ALPS処理水」の安全性をアピールするために作成され、ポスターやウェブ動画に掲載された。

  • トリチウム模したキャラクター
    トリチウム模したキャラクター
  • トリチウム模したキャラクター

電通に約3億で委託

「放射線やトリチウムというテーマは専門性が高く、分かりづらいため、できるだけ多くの方に関心を持ってもらうことが必要です。それと正しい情報を知っていただくことを合わせて全体的にイラストを用いてわかりやすく解説しました」

   復興庁原子力災害復興班は2021年4月14日、J-CASTニュースの取材に、キャラクター作成の狙いをこう話す。

   復興庁は13日、ウェブサイトで「ALPS処理水について知ってほしい3つのこと」と題してポスターとウェブ動画を公開した。この中でトリチウムが愛嬌のあるキャラクターとして登場する。

   原子力災害復興班によれば、福島県の復興の現状などを伝える「メディアミックス事業」の一環として作成した。事業は電通に約3億円で委託した。前述のキャラクター関連の費用については「企業情報なので詳細には申し上げられない」。

   東京新聞が13日、「『トリチウム』がゆるキャラに? 復興庁『親しみやすいように』原発汚染処理水の安全PR」と電子版で報じると、SNS上では是非をめぐり議論を呼んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中