2021年 6月 17日 (木)

JR国立駅で撮り鉄が「罵声大会」 運行情報が漏れて100人集結、警察も出動

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京都国立市内のJR中央線・国立駅で、珍しいタイプの回送電車を撮ろうと鉄道ファンが100人ほども集まり、トラブルを避けるために警察も出動する騒ぎがあった。

   現場では、撮影の支障になる行為を巡って、差別的な言葉も飛び出す「罵声大会」にまでなっていた。JR東日本八王子支社は「お客様の迷惑にならないよう、マナーは守ってほしい」と呼びかけている。

  • JR国立駅には、多数の鉄道ファンらが集まった(写真は、青いペンギン@aoipenguin3さん提供)
    JR国立駅には、多数の鉄道ファンらが集まった(写真は、青いペンギン@aoipenguin3さん提供)
  • JR国立駅には、多数の鉄道ファンらが集まった(写真は、青いペンギン@aoipenguin3さん提供)

差別的な言葉を連発

   目的の電車が停車しているのと反対側のホームで、多数の鉄道ファンがカメラを持って集結している。コロナ禍の中でマスクを着けた人がほとんどだが、かなり密な状態だ。カメラの三脚もいくつか見られた。

   「黄色い線の内側に下がって下さい」と駅のアナウンスが流れ、警視庁の警察官が集団のそばで様子を見ている。電車が停車しているホームでも、駅員が走り回って「危ないよ!」と呼びかけていた。

   しかし、集団の中では、撮影の支障になる行為を巡って、罵声が飛び交う。「待て!」「邪魔だよ!」と大声が上がったほか、差別的な言葉も出て、騒然とした状態になった。

   JR東日本八王子支社の広報室にJ-CASTニュースが2021年5月20日に聞いたところでは、鉄道ファンが集まったのは18日で、この日は、同年春に導入した新型のけん引用車両「E493系」の性能試験があった。

   この新型車両は、青とクリームのツートンカラーで国鉄時代からお馴染みの電気機関車「EF64形37号機」をけん引し、JR長野駅を10時30分に出発した。東京都北区内の田端操車場を目指し、19時10分過ぎに国立駅に入ってきた。そして、他の電車との時間間隔調整で25分間停車していたときに騒ぎが起きた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中