2021年 7月 26日 (月)

「もう限界でしょう」巨人OBも終戦ムード 菅野KOに采配空回り...首位との差は広がるばかり

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球の巨人は2021年6月13日、ZOZOマリンスタジアムでロッテと対戦し4-5で敗れた。

   巨人はエース菅野智之(31)が先発し、初回にタイムリーと犠牲フライで2点を失った。3回には先頭・荻野貴司(35)にソロ本塁打を許すなど2失点。3回途中4失点で降板した。打線は5点ビハインドの7回に4点を返すも反撃はここまで。これで首位阪神とのゲーム差が「7」に広がり、ヤクルトに同率で2位に並ばれた。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

「マーティン・シフト」が裏目に...

   初回、先発・菅野の制球が安定しなかった。1死後、マーティン(33)を四球で歩かせ自身の暴投で2塁への進塁を許した。続く中村奨吾(29)にも四球を与え、1死1、2塁の場面で角中勝也(34)にタイムリーを打たれ、レアード(33)の犠牲フライで計2点を失った。この回だけで27球を要し、苦しい立ち上がりだった。

   菅野は2回を三者凡退で抑えたものの3回、先頭打者の荻野にレフトスタンドに運ばれると、続くマーティンに3塁側へのセーフティーバントを決められた。内野手が一塁よりに守る「マーティン・シフト」が裏目に出た。2死2、3塁から再びレアードの犠牲フライで1点を失い、ここで菅野はマウンドを降りた。

   打線はロッテ先発左腕・小島和哉(24)の前に6回まで得点出来なかった。前カードのオリックス戦から左腕に苦しめられていた巨人は5点ビハインドの7回、小島の乱調から反撃のきっかけをつかみ、この回一挙4得点。1点差まで迫ったが、あと一歩のところで追加点はならなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中