2021年 8月 4日 (水)

闘病中の堀ちえみ・大島康徳へ中傷書き込み 背景には「身勝手な嫉妬」...識者が指摘

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   闘病中の様子を発信する著名人への誹謗中傷が後を絶たない。警視庁は2021年6月21日、奈良市に住む無職女(45)を東京都迷惑防止条例違反容疑で東京地検に書類送検した。2020年10月から2021年5月にかけて、ガンで闘病中のタレント・堀ちえみさん(54)のブログに159回にわたって「ガン再発すると良いですね」などと、本人を中傷するコメントを書き込んだ疑いのためだ。

   容疑者は調べに対し、動機を「堀さんのことが嫌いだった」と語ったと報じられている。

  • 病人に鞭打つ非道な行為を行っているのは、いったい誰?(写真はイメージ)
    病人に鞭打つ非道な行為を行っているのは、いったい誰?(写真はイメージ)
  • 病人に鞭打つ非道な行為を行っているのは、いったい誰?(写真はイメージ)

野球解説者・大島康徳さんのブログも攻撃対象に

   また翌22日には、同じくガンで闘病中の野球解説者・大島康徳さん(70)のブログを妻が更新し、大島さんへの中傷書き込みを「どうかどうかお止め下さい。心よりお願い申し上げます」と訴えた。

   どちらも、一部のネット利用者による心無い行動だ。しかし、このような行為をする人間が一定数いるというのもまた厳然たる事実である。J-CASTニュースは、経営コンサルタントで心理学博士の鈴木丈織氏にその背景を聞いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中