2021年 8月 4日 (水)

井上尚弥のWBAバンタム級なぜ「王座乱立」 コロナも影響か...興行減って「認定料」で稼ぎたい?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ボクシングの米大手プロモーション会社「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」は2021年7月15日、WBA世界バンタム級暫定王座決定戦を8月14日に米カリフォルニア州カーソンで行うことを発表した。

  • 井上尚弥(編集部撮影)
    井上尚弥(編集部撮影)
  • 井上尚弥(編集部撮影)

WBAは以前から王座乱立の傾向に

   暫定王座決定戦には同級2位アントニオ・ラッセル(米国)と同級7位エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が出場し、両者によって王座が争われる。この興行のメインは、WBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)とWBA世界バンタム級レギュラー王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)のタイトル戦となる。

   WBAのバンタム級は、井上尚弥(大橋)がスーパー王座に君臨しており、リゴンドーがその下に格付けされるレギュラー王座に就いている。そして今回、暫定王座決定戦が行われることで同じ階級に3つの王座が同時に存在することになる。

   現在、世界の主要団体として認知されているのはWBA、WBC、WBO、IBFの4団体だ。これらの団体は、各団体が設定する世界王座をはじめ地域王座などのタイトル戦を認定することで得る「認定料」が主な収入源となる。タイトル戦が増えれば、おのずと団体の収入も増えるシステムになっている。

   本来ならば世界王者はそれぞれの階級に1人が原則となるが、WBAとWBCは同じ階級に複数の王座を設定することがあり、とくにWBAは以前から王座乱立の傾向にある。その一方で、WBO、IBFは王座乱立を良しとせず毅然とした姿勢を見せており、同階級に複数の王者が存在することはほとんどみられない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中