2021年 9月 26日 (日)

「これぞスポーツマンシップ」「感動しました」 大阪桐蔭、雨の中で光った気遣い【甲子園】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   夏の全国高校野球選手権で、大阪桐蔭(大阪)の選手が相手チームや審判を気遣う場面があった。

  • 連日熱戦が繰り広げられる甲子園大会
    連日熱戦が繰り広げられる甲子園大会
  • 写真:日刊スポーツ/アフロ
    写真:日刊スポーツ/アフロ
  • 連日熱戦が繰り広げられる甲子園大会
  • 写真:日刊スポーツ/アフロ

転がってきたバットに...

   2021年8月17日の東海大菅生(西東京)戦は、8回表1死で雨天コールドゲームとなった。大阪桐蔭が7-4で勝利し、2回戦に進んだ。

   この日は悪天候が続き、選手は泥だらけになった。グラウンドはぬかるみ、内野ゴロが止まってしまう珍しい場面もあった。コンディションが悪い中、大阪桐蔭の選手の気遣いに、野球ファンから称賛の声が上がっている。

   7回裏の場面。泥で汚れて手元を気にする審判に、ベンチから選手が飛び出しタオルを手渡した。

   8回表・東海大菅生の選手がファウルで手をすべらせた場面でも、"敵にタオル"を送った。バットが1塁ベンチ前に転がると、大阪桐蔭の選手はすぐさまタオルでグリップを拭いて手渡した。東海大菅生の選手は感謝を示した上で受け取った。

   SNSでは「素晴らしい光景」「これぞスポーツマンシップ」「この行動はとても微笑ましいし、感動しました」と称える声が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中