2022年 5月 24日 (火)

東京五輪「行ってないのに行ったことになってる笑」 織田信成、ネット記事に苦言「適当か笑」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロスケーターでフィギュアスケート解説者の織田信成さんが2022年2月8日、インスタグラムのストーリーズで、元五輪代表選手たちによるキャスターぶりを評価する「NEWSポストセブン」の記事に「適当か笑笑」と苦言を呈した。

   記事で東京五輪にキャスターとして参加したとされている織田さんだが、実際には参加していなかったという。

  • 織田信成さん(2019年撮影)
    織田信成さん(2019年撮影)
  • 織田信成さんのインスタグラム(@nobunari0325)より
    織田信成さんのインスタグラム(@nobunari0325)より
  • 織田信成さん(2019年撮影)
  • 織田信成さんのインスタグラム(@nobunari0325)より

「東京オリンピック行ってないのに行ったことになってる笑」

   織田さんが苦言を呈したのは、3日に公開されたNEWSポストセブンの「荒川静香、織田信成、荻原次晴、葛西紀明...元代表の五輪キャスターの評価は?」と題された記事だ。

   記事によると、北京五輪でキャスターをつとめる織田さんについて、「テレビ朝日は2018年の平昌五輪、2021年の東京五輪に続いて、織田信成(34才)をキャスターに抜擢した」とした。

   テレビ局スタッフ談として、織田さんの東京五輪での様子について、1ヶ月以上前から番組スタッフが勉強会を開き、知らない競技について徹底的にルールを学んでいたとし、「五輪終了後の挨拶では、織田さんがスタッフを気遣う言葉をかけ、涙する人もいました」と書いている。

   織田氏はストーリーズでこれを否定。記事のスクリーンショットを背景に、

「東京オリンピック行ってないのに行ったことになってる笑笑 ネット記事適当か笑笑 架空のテレビスタッフめっちゃ良い人達で笑い止まらん爆笑」

と書き込んだ。

   実際には東京五輪のキャスター自体つとめていなかったというのだ。織田氏は泣き笑いの絵文字などを交え、面白がりつつも「架空のテレビスタッフ」の証言による記事に苦言を呈した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中