2022年 5月 28日 (土)

東京大雪の「緊急発表」なぜ外れた 「積雪なし」に反応様々...気象予報士が解説ツイート

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京都心など関東平野部では、2022年2月14日朝にかけて降雪が予想されたが、雨が中心となり、多くの地域で積雪は見られなかった。

   今回の降雪をめぐっては、13日午後には国土交通省が「緊急発表」などと題した文書で各企業にテレワークを活用するよう要請。気象庁も同様に、東京23区の積雪は8センチが予想されるとした上で大雪注意報を出すなどしたが、どちらも空振りに終わった。

  • 1月6日には、関東各地で積雪が見られた(写真は東京・渋谷のスクランブル交差点)/(写真:當舎慎悟/アフロ)
    1月6日には、関東各地で積雪が見られた(写真は東京・渋谷のスクランブル交差点)/(写真:當舎慎悟/アフロ)
  • 1月6日には、関東各地で積雪が見られた(写真は東京・渋谷のスクランブル交差点)/(写真:當舎慎悟/アフロ)

「めちゃくちゃ早く会社に着いてしまった」

   ツイッター上では14日朝から、「雪が積もらなかったこと」に対するさまざまな反応が噴出している。

   まず目立つのが、「雨の時間帯が長かったせいか雪は積もらなかったよ。本日の天候も含め。ん~良き良き」と、自らの地域では積雪がなかったことを喜ぶ声だ。同様の声は多く、

「それほど雪は積もらなかったので訪問にチャリが使えてありがたい」
「積もらなかったので通勤通学には影響なくて良かったです」

といったツイートも見られる。

   他にも、「雪降らなかったけど凍結もしなかったからめちゃくちゃ早く会社に着いてしまった」と、雪を織り込んだ上での見通しが大幅に外れたことを嘆く声も。同様の声は多く、「雪降らなかったからテレワークできない...ふざけんなよ」と、テレワークの当てが外れたと腹を立てる声すら上がっているほどである。

   また、「雪か雨かなんて神のみぞ知る...でしょ。降らなかったからって文句言う人なんておかしい」と、積雪がなかったことを嘆く声をなだめるツイートも上がっており、さまざまな声が上がっているのが分かる。

   こうした反応が出る中、14日朝にはTBSでお天気キャスターを務める気象予報士の増田雅昭さん(44)がツイッターで、

「関東の平野部は、積雪なしという所が多くなりました。気温があと0.数℃~1℃下がれば、どんどん積もる雪になっていた所も少なくありませんが、残念ながらその気温差を自信をもって予測できるまで、現在の技術は至っていません。雪に備えていた方、早起きした方、ご理解いただけると嬉しいです」

と、雪の予報は難しいと明かしている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中