2022年 5月 27日 (金)

ドバイ万博、ウクライナ館に各国が支援メッセージ 日本語でも「一刻も早く平和が訪れますように」

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   ロシアによるウクライナ侵攻が、アラブ首長国連邦(UAE)で開催中のドバイ万博にも影を落としている。

   万博には192か国が参加。その中に日本はもちろん、ロシアやウクライナも含まれている。世界中の国々や国際機関が出展するパビリオンには、その国の国柄や国力が反映されるのが常だが、万博を使って自国が置かれた状況を最も強く国際社会にアピールしようとしているのがウクライナだ。2022年3月7日(現地時間)時点で、ウクライナ館の入口には国際社会の支援を呼びかけるゼレンスキー大統領のパネルが設置され、建物の壁はウクライナ支援のメッセージで埋め尽くされている。対するロシア館は「通常営業」。国際社会から厳しい目が注がれる中、2030年万博の招致をアピールするコーナーが目を引く。

  • ウクライナ館の壁は、戦争反対やウクライナ支援のメッセージで埋め尽くされている
    ウクライナ館の壁は、戦争反対やウクライナ支援のメッセージで埋め尽くされている
  • メッセージには日本語や中国語のものもある
    メッセージには日本語や中国語のものもある
  • 入館してすぐに入口の方を振り返ると、「ウクライナとともに」の文字が入ったゼレンスキー大統領のパネルが司会に入る
    入館してすぐに入口の方を振り返ると、「ウクライナとともに」の文字が入ったゼレンスキー大統領のパネルが司会に入る
  • ゼレンスキー大統領はビデオメッセージで、「私の背後には、国際的に定義された国境によるウクライナの地図がある。そして、それはどんな声明が出ようと変わらないだろう」と訴えている
    ゼレンスキー大統領はビデオメッセージで、「私の背後には、国際的に定義された国境によるウクライナの地図がある。そして、それはどんな声明が出ようと変わらないだろう」と訴えている
  • ウクライナ館の外観。国旗が目立つデザインだ
    ウクライナ館の外観。国旗が目立つデザインだ
  • ロシア館では2030年の万博招致をアピールする展示が目立つ
    ロシア館では2030年の万博招致をアピールする展示が目立つ
  • 脳をモチーフに、ロシアの人材の創造性を強調する内容だ
    脳をモチーフに、ロシアの人材の創造性を強調する内容だ
  • ロシア館の外観。ウクライナ館とは対照的に「通常営業」だ
    ロシア館の外観。ウクライナ館とは対照的に「通常営業」だ
  • ウクライナ館の壁は、戦争反対やウクライナ支援のメッセージで埋め尽くされている
  • メッセージには日本語や中国語のものもある
  • 入館してすぐに入口の方を振り返ると、「ウクライナとともに」の文字が入ったゼレンスキー大統領のパネルが司会に入る
  • ゼレンスキー大統領はビデオメッセージで、「私の背後には、国際的に定義された国境によるウクライナの地図がある。そして、それはどんな声明が出ようと変わらないだろう」と訴えている
  • ウクライナ館の外観。国旗が目立つデザインだ
  • ロシア館では2030年の万博招致をアピールする展示が目立つ
  • 脳をモチーフに、ロシアの人材の創造性を強調する内容だ
  • ロシア館の外観。ウクライナ館とは対照的に「通常営業」だ

ゼレンスキー大統領のパネルには「ウクライナとともに」

   元々のウクライナ館のコンセプトは「点をつなぐ」。持続可能な生活のために環境技術の活用をアピールする内容だ。元々の展示内容も引き続き展示されているが、ロシアによる侵攻を反映した展示も加わった。まず、入館してすぐに入口の方を振り返ると、「ウクライナとともに」の文字が入ったゼレンスキー大統領のパネルが視界に入る。すぐ近くには電気自動車への充電を扱う企業が出展するコーナーがあり、モニターもある。元々は環境技術について説明する動画が流れていたとみられるが、今流されているのはゼレンスキー大統領のビデオメッセージだ。ビデオメッセージでは、14年にロシアが併合したクリミア半島も書き込まれた地図を前に、次のように訴えている。

「私たちの国には長い講義をする時間も、過去を論じる時間もないので、現在と未来について話す。私の背後には、国際的に定義された国境によるウクライナの地図がある。そして、それはどんな声明が出ようと変わらないだろう」

   パビリオンの一角には、色とりどりの付箋を配る場所が設けられており、来場者が次々にメッセージを書き込んでいた。大半が英語で、「NO WAR」(戦争反対)「We stand with Ukraine」(我々はウクライナとともにある)いった内容が多い。建物中のありとあらゆる壁が、このメッセージで埋まっている。中には「from JAPAN」という一言とともに、日本語で「ウクライナに一刻も早く平和が訪れますように」と記したものもあった。「from JAPAN」のようにメッセージに書かれた国名は、数分間カウントして確認できただけでもUAE、ブルガリア、フランス、米国、フィリピン、ベルギー、タイ、レバノン、パキスタン、ミャンマー、パレスチナ、イラン、スペイン、カナダ、インド、ブラジル、ルワンダなどで、きわめて多様だ。観光客以外にも、万博にパビリオンを出展している各国の関係者がメッセージを残した可能性もありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中