2022年 5月 24日 (火)

「星のカービィ」新作、開発秘話にほっこり キャラ愛ゆえに敵配置できず「可愛すぎ」「微笑ましい」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   任天堂がNintendoSwitch用ゲーム「星のカービィ ディスカバリー」の発売に合わせて2022年3月24日、開発時のエピソードを公式サイトで明かした。

   開発者らが主人公を愛するあまり「苦しめてしまう場面づくりに抵抗があった」などとする苦労話を受けて、ネット上では「開発チーム可愛すぎ」といった反応が広がっている。

  • 任天堂公式サイトより「星のカービィ ディスカバリー」
    任天堂公式サイトより「星のカービィ ディスカバリー」
  • 任天堂公式サイトより「星のカービィ ディスカバリー」

「なぜ密度が上がらないのだろう?」

   今年で30周年を迎える人気シリーズの主人公・カービィはピンク色の丸い体に短い手足、そして吸い込んだ物の特徴を取り込む「コピー能力」を持つキャラクターだ。25日に発売した今作は初の3Dアクションゲームとなる。

   任天堂は24日、インタビュー記事「開発者に訊きました」の第4弾として同作を取り上げた。

   作品のアソシエイトプロデューサーを務める任天堂社員と、シリーズを手がけるソフトメーカー「ハル研究所」(以下、ハル研)の社員3人が開発の裏話を明かしている。

   3Dアクション化にあたっての課題は多く、試行錯誤を重ねたという。具体的な課題の一つとしては2Dと比べて空間に奥行きがある分、難易度を調整するためカービィを囲うように敵を配置する必要があったとする。

   しかし、試作のフィードバックを行った際の出来事を、

「敵の配置の調整を何度依頼しても、毎度毎度フィールドが隙間だらけで...」

と任天堂の社員は振り返る。「なぜ密度が上がらないのだろう?」と疑問を抱き、ハル研に尋ねると、

「そんなに敵に囲まれたらカービィがかわいそうじゃないですか」

といった反応が返ってきたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中