2022年 5月 28日 (土)

ウクライナ出身ヘビー級王者、防衛戦に向け始動 一時は領土防衛隊に参加も...励まし相次ぐ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロボクシングのWBA、IBF、WBO世界ヘビー級統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ、35)が、前統一王者アンソニー・ジョシュア(英国、32)と6月に再戦する可能性が浮上したと、2022年3月29日までに複数の海外メディアが報じた。

  • オレクサンドル・ウシク選手(写真:ロイター/アフロ)
    オレクサンドル・ウシク選手(写真:ロイター/アフロ)
  • オレクサンドル・ウシク選手(写真:ロイター/アフロ)

「たくさんの友人が私を支えてくれます」

   英メディア「スカイスポーツ」(WEB版)は、ウシクのプロモーターであるアレクサンドル・クラシユック氏がジョシュアとの再戦を6月に開催する方向で調整に入ったと3月29日に伝えた。

   12年ロンドン五輪金メダリストのウシクは、21年9月に世界ヘビー級統一王者ジョシュアに挑戦し、3-0の判定勝利を収め王座獲得に成功。世界クルーザー級に続いて世界2階級制覇を達成した。プロ戦績は19勝(13KO)無敗。

   ウクライナ在住のウシクはロシアの軍事侵攻を受け、母国防衛のため首都キエフの領土防衛隊に入隊。当初、米メディアCNNの取材に対してウシクは「リングにいつ戻れるかは分からない。私の国と名誉はチャンピオンベルトより重要だ」などと語っていた。

   ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が続く中、ウシクは3月26日にインスタグラムを更新し、「アンソニー・ジョシュアとの再戦の準備を始めることにしました。多くの友人が私を支えてくれます」などのコメントを投稿した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中