2023年 3月 23日 (木)

W杯韓国代表SNSに「過度の誹謗中傷」 家族・恋人まで被害...地元メディア問題視「唾吐いている」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会に出場している韓国代表選手らがSNSで過度の中傷を受けていると複数の地元メディアが2022年11月29日に伝えた。

   グループHの韓国は11月24日の初戦でウルグアイと0-0で引き分け、28日の第2戦ではガーナに2-3の敗戦。ガーナ戦では前半に2点を失いながらも後半13分、16分にFWチョ・ギュソン(24)の連続ゴールで同点に追いついた。

  • ソン・フンミン選手(写真:ロイター/アフロ)
    ソン・フンミン選手(写真:ロイター/アフロ)
  • ソン・フンミン選手(写真:ロイター/アフロ)

グループリーグ突破へ黄色信号

   韓国に追い風が吹く中、後半23分にガーナMFモハメド・クドゥス(22)に逆転ゴールを許し2-3に。1点ビハインドでアディショナルタイムに突入した韓国はパワープレーで猛攻を仕掛けるも得点ならず。勝ち点を奪えずグループリーグ突破へ黄色信号が灯った。

   ガーナ戦を速報した複数の韓国メディアは、エースのソン・フンミン(30)のSNSに一部ファンから悪意あるコメントが寄せられていることを伝えた。

   ソンはW杯直前に顔面を骨折し、今大会の出場が危ぶまれたがフェースガードを装着してウルグアイ戦、ガーナ戦に先発フル出場。今大会は2試合でノーゴールながらも攻撃の起点としてチャンスを演出するなど存在感を示している。

   韓国メディア「ハンギョレ」(WEB版)は、ガーナ戦終了後にソンのインスタグラムに一晩中あらゆる悪意のあるコメントが投稿されたと伝えた。アジア人として初めてイングランド・プレミアリーグで得点王を獲得して国民に喜びを与えた英雄に対するものではなく、敗戦の恨みだけがあったと指摘した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中