蓮舫氏、イスラエル大使の「小池都知事の当選祝福」を批判→ポスト削除 ひろゆきからツッコミも

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   駐日イスラエル大使であるギラッド・コーヘン氏が、小池百合子東京都知事の再選を祝福してツーショット写真を公開したことをめぐり、小池氏に敗れた蓮舫氏が批判し、波紋を広げている。

  • 蓮舫氏(7月7日撮影)
    蓮舫氏(7月7日撮影)
  • 削除されたポスト。蓮舫氏のX(@renho_sha)より
    削除されたポスト。蓮舫氏のX(@renho_sha)より
  • ギラッド・コーヘン氏(2023年10月撮影)
    ギラッド・コーヘン氏(2023年10月撮影)
  • 当選を祝ったギラッド・コーヘン氏のX(@GiladCohen_)投稿
    当選を祝ったギラッド・コーヘン氏のX(@GiladCohen_)投稿
  • ひろゆき氏(2024年4月撮影)
    ひろゆき氏(2024年4月撮影)
  • 蓮舫氏(7月7日撮影)
  • 削除されたポスト。蓮舫氏のX(@renho_sha)より
  • ギラッド・コーヘン氏(2023年10月撮影)
  • 当選を祝ったギラッド・コーヘン氏のX(@GiladCohen_)投稿
  • ひろゆき氏(2024年4月撮影)

「この外交は私の考えではあり得ません」

   発端となったのは、コーヘン大使が2024年7月9日にXで公開した小池氏とのツーショット写真だ。ポストでコーヘン大使は小池氏の都知事再選を祝福し、「we look forward to further strengthening the bonds between Tokyo and Israel.(東京とイスラエルの絆がさらに強化されることを期待しています)」とつづっていた。

   蓮舫氏は10日にXでこのポストに反応し、「敗者ですが言わせてください」と前置きしつつ、「当選直後にこの外交は私の考えではあり得ません」「都民の1人としても、とても残念です」と批判した。

   しかしネットユーザーからは、今回の都知事選当選直後ではなく、2022年に撮影された写真だと指摘する声が相次いだ。実際にコーヘン大使の2022年4月26日のXのポストには同じツーショット写真が公開されている。

   この指摘を受け、蓮舫氏は「それならばこそ、きちんと抗議撤回を要請して欲しいです」と、さらに批判をつづっていた。

   蓮舫氏の一連のポストに、「ひろゆき」こと西村博之氏もXで、「イスラエル大使が小池都知事との2年前の写真をアップして当選祝いのメッセージ。なぜか、当選直後と誤解して怒り出す蓮舫さん。さらに、指摘を受けた後に何故か逆ギレ」と反応した。

   なお、蓮舫氏は10日昼頃に一連のポストを削除しているが、削除した理由については説明していない。

   Xの「東京都公式の代表アカウント」は7月10日11時52分に

「駐日イスラエル大使は、2022年4月に着任挨拶のため東京都庁に来られました。ご参考までに」

とポストしている。

姉妹サイト