会社の忘年会なんか絶対出たくない! 残業代も出ないのに

印刷

   忘年会シーズンがやってきた。合コンや親しい友人同士ならともかく、上司や先輩、取引先なども参加する会社の忘年会は、いまひとつ出る気がしないという人もいるかもしれない。

   ある会社では、中堅社員が「会社の忘年会に出たくない」と愚痴を言っている。

知らない人も多いし楽しみもない。家に帰りたい

――33歳のSEです。2年前に中途入社した中堅IT企業で働いているのですが、年末になるとユウウツになることがあります。それは毎年、仕事納めの日に忘年会をすることです。

   忘年会は事務所内で開かれ、ケータリングの料理などが振る舞われます。全国の支店をネット中継で結び、お互いの会場から支店長があいさつをしたりします。

   クライアントは除きますが、発注先などの主要取引先には声をかけるので、社員の倍近くの人数が集まります。他部署の人を含め、普段話したこともない人に囲まれることになり、居心地がすごく悪いです。

   部長が「ズル休みするなよ」と釘を刺すので、あからさまにサボることもできません。でも、出たからといって何か楽しいイベントがあるわけでもなく、こんなことなら家に帰ってゲームでもしていた方がいいと、毎年つくづく感じます。

   自由参加とされていますが、強制参加みたいなものです。比較的若い社員が多い会社なのに、そういう空気を作って参加させるようなところが、いかにもムラ的な古い日本企業っぽくて大嫌いです。

   ほとんど仕事みたいなものなのに、なぜか残業代も出ません。

   費用は会社負担ですが、こんなことにお金を使うなら、ボーナスとして現金を出してくれたほうがずっとマシだとしか思えません。いよいよ「絶対出たくない」という気持ちが高まっています――

尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
琉球 酒豪伝説 6包 5袋セット
琉球 酒豪伝説 6包 5袋セット
  • 発売元: 沖縄県保健食品開発協同組合
  • 価格: ¥ 2,979
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中