2019年 12月 8日 (日)

部下が言うことを聞かない これって「逆パワハラ」?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   厚生労働省のワーキンググループ報告による「パワハラの行為類型」は、各社の現場でも話題になっている。特に、部下から上司への嫌がらせもパワハラと認めたことは、従来あまりなかった視点だった。

   ある会社では、部下の対応に手を焼いた新任課長が、人事に「これって逆パワハラじゃないの?」と相談しにきたという。

声をかけても返事しない「会社に来るのも憂鬱ですわ」

――ソフトウェア開発会社で人事をしています。先日、開発部のA課長から「部下が言うことを聞かなくて困っている」という相談を受けました。

   部下たちに仕事に対する提案をしたり、疑問を呈したりしても、

「いまは忙しくて取り掛かれません」
「いままでこれでやってきましたから。何の問題もないはずです」
「それは私の仕事ではないです。押し付けないでください」

などと言われることが多々あるのだとか。必要な情報が自分だけ知らされていないこともあり、それが何度かあったので「悪意があるのではないか」「これは嫌がらせか」と疑っています。

   職場で部下に声をかけても、返事をしない社員もいるし、「このままだと何かトラブルが起きそうですね。会社に来るのも憂鬱ですわ」と苦笑いしています。

   Aさんは他の開発会社で若くしてマネジャーとして実績を上げてきた人で、うちのトップが直々に交渉して転職してきてもらった経緯があります。

   トップに「停滞しているウチのやり方を変えて欲しい」とハッパをかけられ、意欲を持って臨んだものの、それがかえって現場の反発を買った可能性があります。入社当初は明るかった表情にも陰りが出ています。

   最近では部下から上司に対するパワハラも認められているそうですが、今回の件はそれに該当するでしょうか。もしそうだとしたら、どう対処したらよいのでしょうか――

尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中