「どうしても借金しなきゃいけないとき」に注意したいこと

印刷

   私は債権回収の仕事を通じて、毎月何千人分もの年収データを見続けていますが、今の30代には何年働いてもお給料が20代前半と変わらずにいる方がいます。非正規雇用で働いているお客さまには、特にその傾向が強いです。

   そういったお客さまの中には、結婚したり、子どもが産まれたり進学したりするときなど、一時的に消費者金融やカード会社からお金を借りて工面される方がいます。世間的には「借金=悪いこと」という認識の人が多いかもしれないけど、誰かにとっては必要なときもあるのです。

借り先の「選択」と「集中」で利息を抑える

金利を甘く見ちゃいけない!(イラスト:N本)
金利を甘く見ちゃいけない!(イラスト:N本)

   お客さまが支払う利息や手数料からお給料をいただいている私が言うのもなんですが、借金は「しないで済むんだったらしない方がいい」とは思います。でも、「どうしても借金しなきゃいけないとき」、せめてお得にお金を借りるにはどうすればいいんでしょうか。

   今、少ない金利でお金を借りようと思うと、借り先を「選択」して「集中」させることがキモになります。お金を借りる方法には、銀行系カードローン、消費者金融、クレジットカードのキャッシングなどがありますが、利息が一番低いのは年利15%以下の銀行系カードローンです。

   銀行系は審査が厳しく時間がかかりますが、審査が通る方なら他の方法よりもお得です。クレジット会社のように「年収3分の1以下の総量規制」に入ることもありません。

   じゃあ、この厳しい審査が通らない人はどうすればいいのかというと、利息をいかに「15%」近くに抑えるか、ということに知恵を絞る必要があります。

   金利の上限は利息制限法で、10万円未満が20%、10万円以上100万円未満が18%、100万円以上が15%と決められています。実際に借りなくても融資の「枠」を用意すればこの金利が適用になります。キャッシング枠が100万円あれば、1万円しか借りなくても金利は15%です。

   100万円以上の融資枠を用意するための必要条件は、年収が300万円以上あり、それを証明する給与明細などの書類を用意すること。お金を借りられるのは年収の3分の1までですから、100万円の融資枠を用意するには300万円以上の年収が必要になります。

複数のカードでキャッシングしている人は要注意

   50万円未満の枠を取るのは、これよりずっと簡単です。収入証明書類の提出も必要ないし、延滞があったり収入が不安定だったりしなければ、キャッシング枠はすぐ取れます。だからお客さまの中には、50万円のキャッシングを2社以上使っている方がとても多いです。

   でも、注意しなければならないのは、50万円の枠には「10万円以上100万円未満」の上限金利である18%が適用されてしまうことです。この金利は、複数のカードを使って100万円以上借りている方にも適用されてしまいます。

   そこで2社で50万円ずつ使っているカードを1社に合算し、100万円以上の融資枠を用意すれば、金利は15%に抑えられます。同じ金額を借りているのに3%も多く金利を払うのはもったいないです。

   100万円を年利15%で借りれば利息は15万円、18%なら18万円です。ただでさえ負担が重いのですから、少しでも軽い方がいいのではないでしょうか。

   どうしてもお金を借りなきゃいけないときは、こことつき合おう!という会社を1社決めて、「選択」して「集中」させる。書類の提出など手続きがちょっと面倒だけど、取りうるべき最低の金利でお金を借りるのが、せめてもの「お得な使い方」なのです。

   ただ、「枠がたくさんあるとその分使っちゃうんだよなあ」という性格の方にはおススメできませんので、ご注意下さい!(N本=えぬもと)

債権回収OL・N本(えぬもと)
某金融機関で債権回収部門に所属する20代OL。コールセンターで支払延滞顧客への督促を担当している。入社半年で3億円の回収を達成して頭角を現し、10万件の顧客を担当する精鋭チームに最年少で配属された実績を持つ。他人に強く言えない気弱な性格を逆手にとり、独自の「交渉メソッド」を開発。300人のオペレーターを指導しながら、年間2000億円の債権回収に奮闘している。好きなものは、ビールとスイカ。ブログ「督促(トクソク)OLの回収4コマブログ」。(本コラムは当事者のプライバシー保護のため、一部事実と変えている点があります。)
榎本まみ:督促OL 修行日記
榎本まみ:督促OL 修行日記
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 1,208
  • 発売日: 2012/09/22
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中