2019年 1月 18日 (金)

スタバをオフィス代わり 「やめて欲しい」派VS「問題なし」派

印刷

   スターバックスといえば、ゆったりくつろいで、美味しいコーヒーが飲める、オシャレな空間、というイメージをもっている人も多いだろう。Wi-Fi環境も整っており、一時は「ノマドワーカー」たちが、『ドヤ顔』でマックブックエアーを広げて仕事をする・・・なんて光景もよく見かけられた。

   そう、スタバといえば「仕事をする場所」、すなわちオフィスだ! と考える若者は、結構いるらしい。一方、スタバで堂々と仕事をする人たちに、不快感を覚える人もいるようで・・・。

20代の8人に1人「スタバは仕事をする場所」

仕事する場所は・・・
仕事する場所は・・・

   ニュースサイトのしらべぇが、全国の20~60代男女、1671人を対象に行なったウェブアンケートによると、全回答者のうち、7.2%が「私にとってスターバックスコーヒーは、仕事(勉強)をするための場所だ」と答えたという。世代別で見ると、20代では12.5%と、8人に1人が、スタバを仕事や勉強する場所、と捉えていた(「『スタバは自習室じゃない!』スターバックスはいつから『オフィス』になったのか」2015年7月11日)。

   記事では、「Wi-Fiがつながるのでよく利用している。コーヒー代は完全に席代だと思っている」という、29才男性の声や、「参考書を広げているだけでイチャついている高校生を見ると、『オレのオフィスなんだからどけろよ!』と何度もキレそうになる」という31才男性のコメントを紹介、話題になった。

   ツイッターでは、「スタバを仕事場、オフィス代わりにするな!」という人たちの声が多く見つかる。「長時間占有するなら、迷惑料代わりに10分毎にドリンクやフードをオーダーしなさいよ」とか、「窓際にリンゴマークが並んでるのを見ただけで、ホント入るのをためらう。片っ端からコーヒーぶっかけて回りたい」など、けっこう辛辣な意見が目立つ。「スタバは喫茶店じゃないのか? 仕事は会社で、勉強は家か図書館でしろ!」と、怒り気味の人も。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中