私は全国転勤、彼は地元回り 結婚へ向け女性の選ぶべきは

印刷

   働く男女が結婚に際して、乗り越えなければならないハードルの一つが「全国転勤」だ。女性が「転勤族」の場合、夫が主夫となって転勤に帯同したり、妻が単身赴任したり......という選択が現実には難しく、退職や転職を余儀なくされたり、結婚自体を断念するケースも少なくないのではないだろうか。

   ネット上では、全国転勤ありの女性が結婚を控え、悩みを吐露している。

  • 仕事も結婚も…欲張りなのか
    仕事も結婚も…欲張りなのか

地方勤務で彼氏と出会い

   Q&Aサイト「発言小町」に、「女の全国転勤と結婚はどうすれば」という相談が寄せられている(2016年8月18日)。

   投稿者は26歳女性、全国転勤がある仕事をしている。転勤先の地方で知り合い付き合っている男性との結婚話が出ているが、「彼氏は実家も本社も、とある地方都市で、転勤もその近辺に限られます」。

   彼氏は同居を望んでいるというが、投稿者の会社の一般的なコースでは、入社から4年ほど地方で勤務した後、東京の本社勤務となる。異動の希望はほぼ考慮されないという。

「勤務先の業績が良くないし、やりがいもあまりないので、辞めたいと思う一方、親や周囲の人にもったいないと言われます」

   投稿者本人としても、「そこそこの大学」を出たのに......という未練や、転職への不安も確かにあるといい、

「全国転勤の仕事をしている女性の方、もしくはそういう女性とお付き合いしている男性の方は、仕事と結婚をどう考えていらっしゃるのかお伺いしたいです」

と、意見を求めている。

「人生の半分は一緒に住める」

   回答者からは、

「私の会社も全国転勤があり、3~5年ごとに東京の本社と地方を往復します。私は転勤を考慮し、東京で働いている夫(転勤なし)と結婚しましたよ。そうすれば、人生の半分は一緒に住むことができますし、子供が小さい間は、転勤はせずに本社で働ける制度もあるためです」
「私の周囲には、始めから別居婚、女性側の子連れ単身赴任など、結構タフな働き方を長年続けている方々がいらっしゃいます。相当長い人もいれば、途中でご自身が転職したり、勤務地変更の希望届を出したりするほか、やはりご夫君が転職されることもあるようです。新たに専門性の高い国家資格の取得までして、転職に臨んだ男性もいました」

と、自身の経験や知人の事例をもとに、投稿者の背中を押すような助言が送られた。

   しかし、コメントの多くは、なにがしかの「妥協」抜きには前に進めないと教えるもの。

「私も結婚前は全国転勤ありの総合職でした。夫と私の収入を天秤にかけて、悩んで一般職にしてもらいました。私の年収は下がったけど転勤なしです」
「私も1年ほど別居婚でした。転職先を夫の勤務地に合わせて動きました。早めに決まったのはラッキーでしたが、その分、条件面では目を瞑りました」
「結婚願望があるのに全国転勤がある仕事を選んだのだから辞めるか、独身を貫くしか選択肢が少ないのは仕方ないですよ」
「今の仕事じゃ未来がないですよ。別居婚とか専業主夫とか間口が狭すぎていき遅れる可能性大です。総合職で転勤のない仕事なんて沢山ありますから、売り手市場の今のうちにサクッと転職しましょう」

   それぞれ、結婚するなら社内の職掌、あるいは職自体を変えるしかない、また実際に変えたというものだ。

   様々な意見を受けとめた投稿者からは「彼氏とよく相談し合いながら考えます」と報告が。仕事も辞めず結婚も、というハッピーエンドが彼女を待っているだろうか。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中