「仮想世界のコミュニティサービス」を考える 11月22日にシンポ

印刷

   ブロードバンド推進協議会(BBA)は2007年11月22日、東京都港区のTKP田町ビジネスセンターで、「仮想世界におけるコミュニティサービスの現在~多様化するオンラインコミュニティの動向と、3Dワールドの今後を探る~」と題したシンポジウムを開く。仮想3次元空間「セカンドライフ」の登場で注目度が増している"仮想世界"のコミュニティサービスについて、現状を把握するとともに今後の進化の方向について考える。

   シンポジウムではまず、世界最大のSNSサイト「マイスペース」の日本版のサイトナビゲーターを務めるオジー井上氏が「運営から1年。見えてきたマイスペースの独自性と日本における可能性」と題して講演。続いて、"日本版セカンドライフ"とも呼ばれる「スプリューム」を運営する梶塚千春氏が仮想世界でのイベント体験について語る。また、日本技芸リサーチャー・濱野智史氏が「ニコニコ動画」と「セカンドライフ」の比較を行う。

   時間は13時~17時。シンポジウムのあと、講演者と参加者の懇親会を予定している。定員80人。参加費は「シンポジウム+懇親会」が6000円、シンポジウムのみが3000円。申し込みはBBAのホームページから。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中