「紅芯大根」と「金時人参」で旬の味を サラダクラブ

印刷
サラダクラブ「紅芯大根サラダ/金時人参サラダ」
サラダクラブ「紅芯大根サラダ/金時人参サラダ」

   キューピーの関連会社・サラダクラブは、中国原産で人気の高い「紅芯大根」と、江戸時代から伝わる「金時人参」を使った旬野菜のサラダを11月中旬から販売する。

   紅芯大根は、日本でも人気が上昇中で、みた目は丸型の青首大根だが、輪切りにすると中は鮮やかな紫紅色をしているのが特長。神奈川、茨城、千葉県産のものを使った「紅芯大根サラダ」は148円。「10品目のサラダ 紅芯大根ミックス」は298円。北海道を除く全国で発売する。 一方、西洋人参に比べ、肉質がやわらかく甘みも強い金時人参は、岡山県産に限定して「金時人参サラダ」として発売。105円。こちらは近畿地方だけで売り出す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中