2018年 6月 18日 (月)

「お札でおりがみ」第2弾 山と渓谷社

印刷

   山と溪谷社は、マスコミやブログで話題となった「元祖」お札折り紙本「おとなのおりがみ」の第2弾、「おとなのおりがみ2」を2007年11月19日から発売する。「おとなのおりがみ」は、1万円札、5千円札などお札で折るおりがみで、世の中を皮肉ったり、駄洒落を放つ作品集。06年11月の発売以来人気を得たことをふまえ、第2弾を売り出す。

   30歳以上の世代には懐かしいインベーダーゲームを模した「エンベーダー」、70年万博の「太陽の塔(万博)」など、なつかしい話題を、お札折り紙で表現。お札折り紙の第一人者で著者でもあるMasa氏とともに厳選した「ちょっとおとなな折り紙19作品+α」や、読者から公募したダジャレタイトルをもとに同氏がお札折り紙を作った『おとなのおりがみダジャレ大賞作品「学問のスルメ」』なども掲載している。

   左開き112ページ。価格は1050円。インターネットで先行予約を開始中で、同社の書籍販売サイト「YAMAKEI SQUARE」の予約ページでも受け付けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中