クリスマスのレアな贈り物 「月の土地」か「東京タワー」か 

印刷

   2007年もふと気がつくと師走間近。街を歩けばジングルベルの調べが日をおってにぎやかになってきた。そんなさなか、クリスマス向け商戦もピークを迎えつつある。そこでユニークなクリスマス限定商品およびイベントをピックアップしてみたい。

サッカーグラウンド分の「月の土地」をプレゼント

ルナエンバシー社のHPによると、月の土地の所有者(?)は全世界で約130万人いるとか。
ルナエンバシー社のHPによると、月の土地の所有者(?)は全世界で約130万人いるとか・・・

   まずは“月の土地”。月の土地の所有権を主張し、販売するルナエンバシージャパンは、月の土地権利書(!?)、権利書用封筒、権利書日本語和訳冊子、オリジナルクリスマスカードをセットにした「クリスマスセット」を11月19日から12月17日までの期間限定で販売している。連名でも登録できるため、たとえばパートナーと一緒に"共有"ということも可能だ。

   お値段は1エーカー(約1200坪)の「クリスマスセット」で2700円(連名の場合は2エーカーとなるため5400円)。ちなみに1エーカーとはサッカーグラウンド1つ分に相当する。注文すると、記名された権利書とオリジナルメッセージ付きのクリスマスカードが送付される仕組み。

   もっとも、1967年発効の宇宙条約では星の国家所有が禁じられている。「月は誰のものでもない」というのが普通の考え方だろうが、ルナエンバシー社は「民間所有なら可能」という見解で販売中。将来、法律が整備されれば月の個人所有が禁じられる可能性もあるが、「夢」と割り切れば冗談で済む? サプライズを届けたいと思っているむきにはオススメのプレゼントかもしれない。

室内で眺める「東京タワー」 クリスマスツリー代わりにも

セガトイズの「東京タワー クリスタルバージョン」。左が消灯時で、右が点灯時
セガトイズの「東京タワー クリスタルバージョン」。左が消灯時で、右が点灯時

   続いて、女性にプレゼントしたら喜ばれそうなのが、セガトイズが11月29日に発売開始するインテリアライト「東京タワー クリスタルバージョン」だ。セガトイズの東京タワーは1/500のリアルな造形と美しいライトアップが特徴。07年7月に発売されて3ヶ月で1万6千台を売り上げたヒット商品だ。

   今回の限定バージョンは、女性マーケットを意識し、タワーの本体部分に半透明のクリア素材を採用。その名の通りクリスタルのような輝きのあるイルミネーションを売りにした。本物の東京タワー同様にベーシックなオレンジ色のライトアップに加え、白・青・緑といった色が変化し、音にも反応。クリスマスツリーのかわりとしても使えるという。

   室内を暗くして東京タワーの光を眺めているだけでもリラックスできそうだ。忙しかった自分へのご褒美としてもいい。3000個限定で、価格は1万3330円。

「純銀のラブレター」で愛のメッセージ届けよう

ストーンオーシャン「純銀のラブレター」。世界にただひとつの手作りオリジナルペンダントキット
ストーンオーシャンの「純銀のラブレター」。世界にただひとつの手作りオリジナルペンダントキット

   カップルで思い出の品を買いたい、というのであればカシオが発売するクリスマス限定ペアウォッチ「G Presents Lover's Collection 2007」も候補のひとつにあげたい。男性用のG-SHOCK、女性用のBaby-Gをひとつの専用パッケージにしたペアモデルで、11月23日から6000個限定で販売。ボディカラーは真白な雪をイメージしたホワイトで統一。裏蓋には2007の数字、恋人たちに例えた天使と悪魔が刻印されている。価格は2万9925円。

   同じく恋人同士向けとして話題を集めているのが、ストーンオーシャン(青森市)が3000個限定で発売する「純銀のラブレター」だ。ペンダントフレームと文字プレート(アルファベット、数字、記号、星座)、ピンセットなどがセットになり、自分で好きなメッセージを埋め込める限定品。ペンダントのフレームの大きさによって値段が異なり、一番お手軽なもので1万4000円~。オプションで誕生石なども用意している。

3種類のイルミネーションが瞬く「東京ミッドタウン」

今年OPENの東京ミッドタウンがイルミネーションでクリスマスを盛り上げる
今年OPENの東京ミッドタウンがイルミネーションでクリスマスを盛り上げる

   クリスマス限定なのはモノだけではない。今年も各地でさまざまなクリスマスイベントが企画されている。すでに始まっているのが旧防衛庁跡にできた話題のスポット、東京ミッドタウン(六本木)。12月25日まで「大切な人の幸せを願う誰もがサンタクロース」をコンセプトに「Tokyo Midtown 1st Christmas」を開催中だ。

   3種類のクリスマスイルミネーションを中心に、各種キャンペーンを実施中。イルミネーションは、オーロラをモチーフにした「"煌"の世界 ~Kirameki~」、ステンドグラス調の装飾と江戸切子をモチーフにした8mのツリーが特徴の「"彩"の世界 ~Irodori~」、ブルーとホワイトのLEDにより星空を再現した「"瞬"の世界 ~Matataki~」を3つの会場で点灯。時間はいずれも16時~24時まで。

   また、同じく東京の汐留にある日テレプラザ(汐留)では、11月30日から12月25日まで、「シオドメの森 日テレホワイトロード」を開催。赤のシンボリックツリーを配置し、白を基調としたイルミネーションツリーでホワイトロードを演出する。人口降雪機によるスノーパウダーが舞い、幻想的な気分に浸れそうだ。期間中は毎日17時~21時30分の間、30分ごとにイルミネーションショーが開催される。

   今回はクリスマス限定のものをピックアップしてみた。はたして貴方はどんな聖夜を過ごすのだろうか? 今から準備して"自分限定"あるいは"家族限定"で至上のクリスマスを見つけよう。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中