観客の手のひらに広告を映す実証試験 松竹

印刷

   松竹の子会社、トライメディアNTTと共同で、映画館に来場した観客の手のひらに、企業広告を投影するシステムについて、2007年11月24日から08年1月6日の予定で、松竹が運営するシネマコンプレックスなどで実証試験を始める。NTTサイバーソリューション研究所が開発した情報表示システム(tenoripop テノリポップ)を劇場に設置し、遠隔地のサーバーから、光回線経由で画像や文字を映画館に配信する。

   配信作業はNTTアイティが行う。12月22日に公開されるアニメ映画「シナモン the movie」の登場キャラクターなどを投影し、観客の反応をみたうえで、商業化にむけた技術的課題やコストについて実証する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中