群馬特産「うまいもん」を展示販売 有楽町

印刷

   群馬県特産の食べ物を展示・販売する「かあちゃんの天下一品フェア」が2007年11月27日、東京都千代田区の有楽町電気ビル・ふるさと情報プラザで開かれる。原料の生産から加工まで高崎市内のグループが手作りで熟成させた「はるな味噌」や、地元産の豚肉「赤城ポーク」を使った角煮が自慢の「豚角煮まんじゅう」など、群馬県産の食材を生かした「うまいもん」が多数出品される。

   主催は、群馬県・ぐんま女性アグリ起業ネットワーク会議。県内の女性起業者が長年培った知恵と技で手作りした農産物加工品を販売することで、群馬の食文化をアピールし、新たな販路拡大を図るのが狙い。手作りなので大量生産はできず、11時から17時までの1日限りの販売となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中