流氷を見て温暖化を考えるツアー 近畿ツーリスト

印刷
近畿日本ツ-リスト「メイト日本讃歌 流氷大百科2008」3日間
近畿日本ツ-リスト「メイト日本讃歌 流氷大百科2008」3日間

   近畿日本ツ-リストは、オホーツク海の流氷を見学し、温暖化の影響について考えるツアー「メイト日本讃歌 流氷大百科2008」3日間の参加者を募集している。減り続ける流氷の現実を知ってもらい、地球環境問題に少しでも関心を持ってもらうのがねらい。

   流氷を踏みしめて体感する「流氷ウォーク」、上空から眺める「流氷ヘリコプター搭乗」、「流氷砕氷船オーロラ号乗船」などの企画のほか、オホーツク流氷館で、流氷研究家・菊池慶一氏から流氷の現実や役割について話しを聞き、温暖化で年々減っていく流氷や、それにともなう観光客の減少・地元経済への影響などについても理解を深めてもらう。

   出発日は2月5日~3月16日で、2泊3日。旅行代金は大人1人関西発が8万9800円~13万9800円、羽田発が8万6800円~12万7800円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中