「神戸ルミナリエ」、今年は12月6日から17日に開催

印刷

   阪神・淡路大震災を語り継ぐイルミネーションによる行事「神戸ルミナリエ」が、2007年12月6日から17日まで神戸市中央区の旧外国人居留地などで開催される。

   1995年12月の初開催以来13回目。イタリアのアートディレクター・ヴァレリオ・フェスティ、神戸市在住の作品プロデューサー今岡寛和両氏による「光の彫刻作品」が街を彩り、市民の希望を象徴する冬の風物詩としてすっかり定着した。

   今年の作品のテーマは、「光の紀元」(L`era della Luce)。震災という闇と闘ってきた市民をやさしく照らす眩い光が、神戸と世界を結ぶメッセージになるよう願いを込めたという。

   点燈時間は、月~木曜が18時から21時半、金曜が18時から22時、土曜が17時から22時、日曜が17時半から21時半まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中