2018年 7月 17日 (火)

横浜市の水が「東京進出」

印刷
東急の駅売店で販売される「はまっ子どうし」
東急の駅売店で販売される「はまっ子どうし」

   横浜市水道局は2007年11月27日、同市水道の水源である「道志(どうし)川」上流の水をペットボトルに詰めた「はまっ子どうし」を、東急線の駅売店「トークス(toks)」の全99店で11月30日から販売する、と発表した。

   「はまっ子どうし」は03年10月の発売。これまでに300万本を販売しているが、都内でのチェーン展開は初めて。今回売り出すのは、07年10月に発売されたばかりの280ミリリットルボトルで、価格は100円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中