2018年 7月 18日 (水)

かんたん接続、すっきり配線の住宅向けLAN 松下電工

印刷
松下電工「くらし安心ホームパネルS」
松下電工「くらし安心ホームパネルS」

   松下電工は、インターネットを活用した新築住宅向けの設備ネットワークシステムを充実させ、2007年12月1日から新たに「くらし安心ホームパネルS」を発売する。ホーム情報ブレーカと電気ブレーカを搭載した住宅分電盤の「くらし安心ホームパネル」と、インターネットサービスプロバイダーから支給されるモデム、信号変換装置(ONU)やルーターなどを接続する宅内LAN設備装置の「ひらいてネット+(プラス)」を一体化した商品で、かんたんな接続とすっきりした配線の宅内LANを構築できるようにした。また価格も、同社の従来の商品より約2割のコストダウンを図った。
   発売機種は、必要な機能やLANポート数(7~13ポート)に応じて選べるように6機種を用意。希望小売価格は5万2500円~13万7550円。販売目標は08年度の年間1万2000システム。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中