進化する住まい造りへ新ブランド 伊藤忠都市開発

印刷

   マンションデベロッパーの伊藤忠都市開発は2007年12月1日に伊藤忠商事の住宅部門から分社化して10周年を迎えたのを機に、新ブランド「CREVIA」(クレヴィア)を発表した。クレヴィアは、「創造力、創造性」を表すCreativityと「道」を意味するViaを重ねた言葉で、多様化が進む価値観やライフスタイルのなかで、住む人の一人ひとりが自分らしく、創造性豊かに「人生を楽しむ住まい」、また日々の充実感が永く続くよう「安心して暮らせる住まい」を創るという思いを込めた。

   第1弾として、2008年1月上旬に事前案内会を予定している「クレヴィア本郷」(東京都文京区、総戸数92戸、間取り1K~2LDK、販売開始予定は08年2月中旬)と、同2月中旬に事前案内会を予定している「クレヴィア新大塚」(東京都豊島区、総戸数85戸、間取り1DK~2LDK、販売開始予定は08年4月上旬)を売り出す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中