「北斎」ヨーロッパから里帰り 江戸東京博物館で公開

印刷

   江戸東京博物館は2007年12月4日から08年1月27日まで、江戸東京博物館15周年記念特別展「北斎-ヨーロッパを魅了した江戸の絵師-」を開催する。

   ゴッホなど印象派をはじめとする西洋の近代絵画にも大きな影響を与えた浮世絵。オランダとフランスの2カ国に分蔵されていた北斎の風俗画が初めて里帰りした。オランダ国立民族博物館に所蔵されていた「節季の商家」「端午の節句」など、ふだんは観ることができない貴重な作品や、「冨嶽百景」「北斎漫画」などお馴染みの作品も展示されている。

   開館時間は9時半から17時半。入場料は1300円(一般)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中