食用の漢方を使った調味料をティーパックで3種 薬日本堂

印刷

   漢方相談薬局を展開する薬日本堂は、漢方を使った調味料「漢素シリーズ」を2007年12月1日から漢方ミュージアムと漢方スクール(品川校・大阪校)で限定販売を始めた。

   「家庭で手軽に楽しめる薬膳の素がほしい」といった声を参考に開発した薬膳用調味料で、ティーバッグ状になっており、味噌汁やスープ、粥などに入れて使う。ニンジン、ヤマイモ、ナツメ、ハトムギを配合した「QI(キ)」、ナツメ、クコの実、ゼラチン、サンザシを配合した「KETSU(ケツ)」、ハトムギ、ハスの葉、ミカンの果皮、トウモロコシを配合した「SUI(スイ)」の全3種類。

   100g(10g×10包)入り。価格は1050円。

薬日本堂「漢素シリーズ」
薬日本堂「漢素シリーズ」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中