2018年 7月 19日 (木)

三井住友建設 高水準のマンションセキュリティを実用化

印刷

   三井住友建設は2007年12月3日、高水準のマンションセキュリティを提供する「ゲート式エントランス」を実用化した、と発表した。マンション出入り口のセキュリティ対策としては従来、オートロック式やインターホン設備などが導入されてきた。しかし、オートロックの場合、ロックを解除すると一時的に扉がフリーになり、前の人に追従して入る、いわゆる「とも連れ入場」があった。また、バイオメトリクス(生体認証)などの高度な認証装置では、維持管理が複雑になるなどの課題があった。

   実用化したゲート式では、入居者と来訪者の動線を分けるなどで心理的な入りにくさを演出するとともに、入居者の入口にはノンタッチキー、来訪者の入口にはオートロック操作盤を設置し「とも連れ入場」を防止できるという。三井住友建設では現在、このゲート式エントランスを採用した超高層住宅を施工中だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中