歩行者の頭部を保護する装置、輸入車に初認可

印刷
引き上げることによりボンネット下に空間が生まれ、頭部傷害を軽減する
引き上げることによりボンネット下に空間が生まれ、頭部傷害を軽減する

   ジャガー&ランドローバージャパンは、2007年12月3日、「エアバッグ式デプロイアブルボンネットシステム」が国土交通省の正式認可を受けたと発表した。このシステムは、車両前部に歩行者が接触すると、フロントバンパーに装着されたセンサーが検知し、瞬時にボンネット後方を約130mm上方に引き上げる「歩行者頭部保護装置」。引き上げにかかる時間は0.03秒、引き上げによりボンネット下に緩衝領域を作り出し、歩行者の頭部の傷害を軽減する。同社のジャガーXK/XKRに採用されている技術だが、国交省に認可されたのは輸入車として初めという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中