2018年 5月 23日 (水)

組み換えの自由度高めたロボットの新機種 ヴィストン

印刷
ヴィストン 「Robovie-X」
ヴィストン 「Robovie-X」

   国際電気通信基礎技術研究所ヴイストン株式会社は、2007年12月4日Robovie(TM)シリーズの新機種「Robovie-X」を発表、予約を開始した。

   新機種は、全身に17軸もの関節を搭載、また音声出力やアナログ入力によって、前進後退などの基本的な動きから、音楽演奏や、ダンス、居眠りなどのコミカルなものまで、表現豊かな動作が可能。さらに、汎用性の高いフレーム部品の開発によって組み換えの自由度が高まり、オリジナルロボットを作成しやすいという。

   2007年2月初旬から出荷を予定。価格は9万円(税抜,予価)で、ヴィストンWebショップおよび、ATR-Robotics、ロボット専門店(ツクモロボット王国・ロボットファクトリー)で予約できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中