成長する恐竜型ロボット ビジネスデザイン研究所

印刷
ビジネスデザイン研究所「プレオ」
ビジネスデザイン研究所「プレオ」

   ロボットの企画などを手掛けるビジネスデザイン研究所は2007年12月中旬、恐竜型ロボット「プレオ」を発売する。生後1週間の「カマラサウルス」がモデルで、全身に38のセンサーと14のモーターを搭載、脚を伸ばしたり背中を丸めたりと本物のようななめらかな動きをするという。また、生まれた直後から少年期まで成長し、その間の世話や接し方によって性格や行動が変化するという。価格は5万2500円。同製品は米国のロボット会社ユーゴービーが開発。同研究所は日本での総代理店となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中