組み立て簡単、実験もできる「真空管アンプ」 学研

印刷
学研「真空管アンプ」
学研「真空管アンプ」

   学研は音を楽しむだけでなく、実験もできる真空管アンプを2007年12月4日、発売した。電池式真空管(電池管)4本と独自開発の出力トランス2個を使い、真空管の魅力を最大限に引き出したアンプの組み立てキット。人気シリーズ「大人の科学製品版」の最新作だ。

   オリジナルのステレオスピーカーやオーディオケーブルが付属しているので、組み立ててすぐ、iPodなどの外部音響機器に接続して、独特の柔らかなサウンドを楽しむことができる。

   スピーカーは本体と離して使うことも可能。共鳴させるためにスピーカーの背面にストローをさして周波数特性の実験をしたり、音量や電圧、電力の増幅率を変更する回路の改造実験をしたりできる。電池式なので持ち運びも簡単。組み立て時間は30分ほどで、特別な工具は不要。価格は12390円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中